22 Sep 2017

フラットフラッター95s【カラーラインナップ】

2017年秋の新製品【フラットフラッター95s】のカラーラインナップのご紹介です。発売はウエイトバリエーションが2タイプ同時でして、一般的なシチュエーションでの使用と操作性を重視した【ノーマルモデル20g】に、磯やサーフでの使用を意識した【ヘビーモデル27g】となります。カラーは共通の12色で、構成としましては、シーバス(デイ&ナイト)はもちろん、ヒラスズキ、青物、ヒラメなどを意識した配色となっております。発売は2017年9月末予定です。

#01 RH

#02 ライブカタクチ

#03 ボラ

#04 グリーンピンク

#05 BWG (ブルーバック・ホワイティッシュゴールド)

#06 チャートボラ

#07 BPO (ブルー・ピンク・オレンジ

#08 CHGR (チャートヘッド・ゴールド・レッド)

#09 CBGB (クロームブラック・グリーン・ブルー)

#10 CBR (チャートバックレインボー)

#11 AMZ (アマゾン)

#12 MLS (メタリックライムシャッド)


*スペックはパッケージ裏にこの両方とも表記されております。

havy(誤)→heavy(正)
製品は訂正済みです(^^;

*ヘビーモデルの方はパッケージにこちらのシールが貼ってあります。


価格¥1.800(税別)



【フラットフラッターについて】

このフラットフラッターですが、開発のテーマとして第一にあったのは、やはり【遠投性】でした。大河川・サーフ・磯・干潟などなど、【遠投】は今も昔も不可欠なファクターですし、そうであったからこそルアーも相応にして進化してきたのだと思います。

しかし、飛ぶルアーは世の中にたくさんありますし、時と場合によってフィッシュイーターというのは、そこに届いてくれさえすれば簡単に釣れてくれることも多々あります。でもそれだけでは、本来ルアーフィッシングが持っている面白みに欠けてしまいます。

そこで、我々の普遍のテーマでもある”どうしたらもっと面白くなるのか?”に基づき、遠投性を意識するあまりに行き着く単なる重たい塊にならない様、【ペンシルベイトが持つ釣力とジグミノーのメリット】と、両者が持つ特性を融合する事で、独特の操作感を有した、ミノーにも勝るとも劣らない特異な性格の持ち主となりました。



【多彩なアプローチが可能】

操作方法としては基本的に投げて任意のスピードで巻き取るだけでOKです。リトリーブスピードとロッド角度によって、表層から約1mの泳層をコントロールする事が可能です。泳ぎに関しましてはシンペンの左右に揺らぐ様な感じとは全く異なり、デッドスローでは”ハイピッチロール”。スピードを上げる毎にテールを”パタパタと大きく振るウォブリング”となります。スキッドスライダーの様に超高速引きには対応はさせていませんが、一般的なシンペンよりは高速引きへの追従性は高いモノとなっております。そこへ、シンキング性能を生かしたフォールも駆使すれば、リフト&フォールといった軌道の上下はもとより、ある程度の水深まではボトムバンプも卒なくこなしてくれます。(でも根係は要注意!)

また、シンペンとは大きく違うところとして、そのリップも何も持たないフォルムでありながら、遠方からも手許には”ブルンブルン”とルアーが泳ぐ様子が伝わってきますので、リトリーブに集中することができます。さらに、リトリーブ中にロッドティップを僅かに震わせるだけで(竿先を1センチ位動かすイメージ)表層をヒラヒラと(スライド&ヒラウチ)能動的な扱いが可能で、目視が可能であれば水中で華麗なドッグウォークアクションを披露してくれます。デイゲームはモチロンですが、ナイトゲームも潮の動かない時など意外な効果もあったりします。実際のテストでもこの部分を生かしたことによる好結果はしっかりと確認しております。この辺りは通常のシンペンとは一線を画すところです。

どうしてもこの手のプラグは遠投ばかりに目が行きがちですが、遠投のメリットというのは視点を変えれば、遠距離=長時間水中にルアーがある事の有利さであったり、遠くにある地形変化(ブレイクライン)や潮目へのアプローチが可能であったり、反対に射程範囲が近距離であっても、無用なプレッシャーを軽減する意味で、わざと遠巻きからコンタクトポイントへのアプローチも可能となるのです。そこにこのルアーが持っている操作性能が加われば、より戦略的(あまり使いたくない言葉ですが)に意図的なゲームを展開していけるでしょう。

最後に余談ですが、このプラグは元々私自身が必要に迫られハンドメイドしていた品物をベースとしているのですが、奇妙なのは形にしてからもう既に20年近くも経つというのに、(同時期、スウィングウォブラーの元モデル存在してました)今になっても、同じような理由で必要になってきたからオモシロいものです。



参考:弊社フィールドスタッフによる紹介です。
秋田 佐々木テスター 
富山 新田テスター
とにかく釣りまくりの梶谷テスター
平行してアップサイズをテスト頂いている古賀テスター