25 Mar 2017

バイブレーションミノーの意図するところ。

まだフィンバックミノーのコンセプトも煮詰まる前の事。とあるルアーへの疑問と好奇心から形にしていたものがありました。背中にパーツ(フィンではなかった)を備えた姿は現在とほぼ同じものでした。

また、一方でずっと懸案だったのが、特にデイゲームのウェーディングの際など、ラン&ガンしながらその日の状況をざっくりと読むために(探す・探る)ある程度の効率性を備えたルアーが出来ないものかと考えていました。

イメージとしては、「手返し良く軽快に扱えて、魚を探せる事」ここぞというところでは「意図的な誘いが可能」且つ、「表層を引ける事」などなどです。ある意味、パイロットルアーとかサーチベイトの姿はそこにあるのでは…?といった具合で、これもまた一つの疑問からでした。

こうして全く別の二つが偶然に一致したことで、「シャローで扱えるバイブレーションミノー」のコンセプトが固まったのでした。

↑↑この辺りの誕生の経緯につきましては、今後発売されるソルティ誌に記事がございますので、是非ともご覧になってみてください。

でも、これってまだまだ分かりにくいですよね?いままで何度も自分の頭の中のイメージをプリントアウト出来たら…。なんて思ったのはいつもこういった場面。

そこでもっと詳しくすると。

【アクション】正面から見るとテールを振るウォブリングが確認できます。横からはローリングによる点滅が確認できます。

【レンジ①:リトリーブ】スローでは約”1m~1.5m”この幅は足場の平坦な場所でのオカッパりと立ち込んでの違いだと思ってください。ナイトゲームでのデッドスローは不向きです。

【レンジ②】①を基準とし、リールを巻くスピードを上げる毎に徐々に泳層が浅くなっていきます。所謂ミディアム~ファーストと、実用スピード域で表層(膝下水深)を引いてくることが可能となっています。慣れれば水面直下まで引けます。ただし、この「巻くと浮く」性質は注意も必要で、極端な超が付く高速リトリーブなど、やり過ぎはは水面から出てしまうという事でもあります。「この飛び出すでの余談ですが、以前に下げ潮の激流の中、根を避けようとし、わざとルアーを飛び出させたところ、なんとびっくり!空中バイトの経験がありました(^^)因みこの時のルアーはフィンバックミノーではありません。」

レンジ②:リフト&フォール】細身のミノーシェイプボディ+シンキングですので、沈み方はスムーズです。水深約3mぐらいでしたら、ラインテンション次第ですが、約7秒~10秒で着底しますので、上下の操作も健気にこなします。(テスト期間中も結構これが活躍!)

また、

【特徴①:低抵抗】引き抵抗は軽く、バイブレーションプラグと大きく違うのがこの点です。当然手元に感じる振動もバイブレーションとの比較としては弱い物になりますが、全くのノーカンジではありませんのでご安心を!巻きスピードの違いによる泳層のイメージや水中の異変を把握するのにも、やはり振動は重要だからです。また低抵抗のメリットとして、強い流れの中でも回収が楽である事も付け加えておきます。


【特徴②:操作性:初動】レンジ②の項でも触れている、スムーズなシンキング性能を生かし、リトリーブ間に上下動のロッド操作(トゥイッチ)を交えることで意図的にバランスを崩す”誘いの操作”も容易です。またこのスムーズさは、着水後の糸フケ処理にも過剰に神経質になる必要が無く、特にミノーでは神経を使う多少の波風のなかでも、前述の「手返しの良さ」を補助してくれています。

【特徴③:スイム姿勢】スイム姿勢は一般的なバイブレーションよりは、かなりの水平に近い状態となります。ただし、リトリーブスピードが速くなるほど、となります。それに元々のスイミングメカニズム自体がヘッドダウン状態のウエイト設定ですので、完全に水平と言う訳にはいきません。

【特徴④:フォール+@誘いの効果】フォールの際、ラインテンションをコントロールしてあげる事で、本体を揺すりながら沈んで行きます。これは実際の釣果にどのぐらい差がでるかは測り知ることが難しいのですが、だだ一つ言えるのは、”ストーン”と沈んでしまうよりも、そこに回転体やキラキラと輝くパーツ等の持つ力が加われば、誘いの効果が上がるのは今やお馴染みとは思います。(モチロン反対もあります)それに迫るとは行きませんが、少なからず何も無いよりはあった方が効果は期待できると信じています。

こうしてミノーの使い心地と、バイブレーションの特性を融合した事で、巻くだけ以外にも、浮かせる・沈める・その他+@要素を組み合わせが可能となり、使い手の意思によって、とても能動的な側面を引き出せますので、人それぞれ、”オリジナルの使い方を見つけながら育て上げられる”。そんなルアーとなっています。


現在最終段階の調整も済んでいますので、予定通り夏頃にはお届け出来そうです。是非ともシャローゲームの持ち駒に加えてあげてやってください!使い込むほどに良き相棒になってくれるはずです!