23 Oct 2015

フリルドスイマー115F カラーラインナップ


2015年度のカラーラインナップのご紹介です。

配色に関しましては、ド定番はもとより、長年の実釣経験に加え、テスト期間中に効果のあったものが基本となっています。

各カラーに簡単なキャプションを添えておりますが、書かれている内容は、私自身の釣果に基づいているだけではなく、同行メンバーやフィールドスタッフの釣果も含めた上で総合的に書いてあります。

また、ルアーのカラーというのは、時として、あまり神経質になる必要の無い場面もありますが、まるで正反対の場面もあります。ましてや、それ以前の部分を疎かにしない事の方がとても重要だったりもします。しかも相手は自然です。アングラーの考える事や考え方はあくまでゲームを組み立てるための仮の基準です。そこから答え合わせが始まっていくんだと思います。その中の一つに、綿密なカラーローテーションがあってはじめて効果を発揮することでもありますし、予想もしないような意外なカラーが意外な場面で威力を発揮する事もあります。組み立てるのは自身であり、何が起こるか分からないからルアーゲームは面白いのだと思います。くどいようですが、あくまで参考である事をご理解ください。



#001 RHレッドヘッドパール 言葉にする必要のない普遍のカラーですね。







#002 イワシ お馴染み外洋のメインベイトを模したカラー。こちらも説明不要でしょう!







#003 トウゴロウ 

 内房・外房 東京湾に面した千葉県ご当地カラー?水に溶け込む青緑色の背中が特徴で、比較的、時と場所を選ばないオールラウンダーではないでしょうか。曇りの日に良く釣れた印象があります。








#004 ボラ

 こちらも説明不要ですね。持っていて安心というか、本当良く釣れるカラーです。しかし、ボラって海から川から全国どこにでもいますよね?私が過去にホームグラウンド(バス釣り)にしていた茨城県は小貝川の結構な上流部にいたのには驚きでした。









#005 アユ

 一番の不人気カラーです(笑) でもこれ、ただアユを模した訳ではありません。
ボディの反射面全体が”薄いゴールド”に塗られていて、海外、アメリカ?ではホワイティッシュゴールド、つまり白っぽいゴールドと呼ばれていて、デイゲームでよく釣れる色でしたので採用にいたりました。






#006 CBP チャートバックパール
 ナイトゲームや濁り時に多用される事が多いと思いますが、意外と色んな場面で釣れるカラーです。フリルドの静かなアクションとこのカラーは、まるでソフトベイトのような印象を受けるから不思議です。ベリーが透けているのもポイントです。








#007 CH・モヒート
 ポジドラのオリジナル性が強いカラーで、秋の干潟ではもう鉄板です!干潟以外でも釣れましたが、「干潟ではこのカラーで釣る!」的な、変にこだわってみたい愛着があります(笑)






#008 CHGR チャートヘッドゴールドレッド
 エクリプスさん所のナイスなカラーを参考にさせていただいてます。ちゃんと許可も取ってますのでご心配なく!普段から水の透き通る事の無い川で効果的です。








#009 SMB スモークブラック
 こちらも不人気なカラーですが、効果は抜群で、過去に中村へ同行の際、手も足も出ないほどのその威力を見せ付けられた経験から、カラーの重要性を再認識させられたものです。中村と言えばこのカラーと餃子にはうるさいので、直接お話する機会があれば聞いてみることをお勧めします。





#010 CBR チャートバックレインボー
見た目通り派手な配色ですので、パイロットカラー的な側面を持ちます。アピールさせたい時もモチロンですが、時として一撃必釣的な効果がありました。







#011 CTS チャートテネシーシャッド
 運河筋のナイトゲームで良く釣れたカラーです。意外にも潮が濁り気味のデイゲームも効果も確認できたこともあります。また、目先の変化で興味を与えるような極端なカラーローテンションの一員としても役に立つカラーです。






#012 GLS ゴーストライムチャートシャッド
 澄み潮はCHモヒート、こちらは春の笹濁りの潮で良く釣れたカラーです。



これら12色以外にも今後も私達が必要とするカラーが追加されていく予定ではいます。(時期はわかりませんが)過去の経験から、水温の低い時期に良かったカラーなどなど、これからテストに入っていきます。もちろん新しいプラグもです!